web集客の手法を紹介!ランディングページの役割と作成方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今日は「web集客の手法」について学んでいくよ!
web集客の手法・・・。SEOや広告については今までも学んできたよね?
そうだね。長期的な目線での集客にはSEOが合っているし、すぐに成果を感じたいのなら広告が合っていることはすでに学んできました。今回は、広告をクリックした後にたどり着く「ランディングページ」の活用方法について学んでいくよ。
そうなんだ。ランディングページって何だろう?詳しく教えてください!
分かりました。では今回は、web集客の手法として、広告の先にあるランディングページの役割と、その作成方法についてまとめてみました。では、順番に見ていこう!

web集客の手法を紹介!ランディングページの役割と作成方法:ランディングページの役割とは

ランディングページの役割【その1】:ランディングページの概要

ランディングページとは、リスティング広告などのweb広告をクリックしてたどり着く一番最初のページのことです。

ランディングページには商材の情報だけではなく、成約に結びつくための全ての情報を盛り込んで、縦長の1枚のページにまとめる必要があります。

そして成約に結びつくには、ユーザーが欲しがっている情報をどのような順序で配置したらいいのかをよく考える必要があるでしょう。

ランディングページの役割【その2】:役割とは?

ランディングページの役割は、広告からの流入や成約への効果を高めることにあります。

リスティング広告をクリックしてくれたユーザーが、何らかの行動を起こしやすいように作られるページです。

キャッチーなビジュアルと、ボタンの位置にも気を配って、検索キーワードに応じた内容で作成しましょう。

ランディングページの役割【その3】:活用した方がいい商材とは?

ランディングページを活用した方がいい商材とは何でしょうか?

まず、ランディングページにたどり着くまでには、広告をクリックしてもらわなければなりません。

広告(リスティング広告)には、「検索キーワード」を設定しているはずですね。

広告をクリックしてランディングページにたどり着くユーザーは、ある一定の悩みを持っていて解決したいと望んでいる、ということがいえるでしょう。

ランディングページを活用した方がいい商材とは、「ユーザーの悩みを解決できる」商材だ、ということです。

  • 美容・コスメ系
  • サプリメント商材
  • スクール関連(パソコン・英会話など)

以上は例にすぎませんが、検索されやすいカテゴリーだということがお分かりいただけると思います。

ランディングページの役割について詳しく分かったかな?
はい。ランディングページは悩みを解決したい人が、解決できるのではないかと感じてたどり着くページですね。ここでガッカリして離脱されないために、訴求ポイントを順序立ててみてもらえる工夫が必要だと分かりました。
そうだね。広告をクリックしてもらえるだけで、成約への道に一歩近づいています。ユーザーにとって必要な情報は全て盛り込んでくださいね。
はい。では次は、どんな風にランディングページを作り込んでいけばいいのかを教えてください!
そうだね。じゃあ次は、ランディングページの作成方法を詳しく見ていこう!

web集客の手法を紹介!ランディングページの役割と作成方法:ランディングページの作成方法とは

ランディングページの作成方法【その1】:ユーザーのニーズを把握しているか

ランディングページは、ユーザーが欲しがっている情報を1枚のページに盛り込んでおかなければいけません

ユーザーが何を知りたいと思っているのか、ニーズをしっかり把握しておきましょう。

自分が欲しい情報がないと判断したユーザーは、すぐにそのページから離脱してしまいます。

自分がユーザーの立場になったらどうかも含めて検討することが必要です。

ランディングページの作成方法【その2】:必要な情報が網羅されているか

ランディングページに必要な情報とは何でしょうか?

脱毛クリニックのランディングページを例に、最終的なゴールを無料カウンセリングと仮定してご紹介します。

  • 何が解決できるのか
  • あなたのクリニックが一番得意としていることは何か
  • 他社とどう違うのか
  • 値段やコスパは他社と比べて安くていいのか
  • プランの一覧
  • 口コミや評価
  • 専門家(院長)からのメッセージ
  • 支店の紹介

これらを順序よく配置し、ユーザーをカウンセリングの予約ページへと誘導するのです。

肝心なことは、「1枚の縦長のページで全てを見せ切ること」です。

ランディングページを集めたサイトを参考にしてみるのもいいでしょう。

ランディングページ集めました。

ランディングページの作成方法【その3】:広告の見直しをする

ランディングページを見直して作り込んでも、ユーザーの成約になかなか結びつかないなど、成果が上がりにくい場合には、何らかの問題があるはずです。

クリック率が悪い場合には、キーワード選定やキャッチコピーに問題があるのかもしれません。

ターゲットが明確になっているのか、適切なキーワードを選定できていて、ユーザーの心を捉える言葉で表現されているのかなども見直す必要があるでしょう。

ランディングページだけではなく、広告を見直すことも重要です。

ランディングページの作成方法が分かったかな?広告をクリックしたユーザーは、成約まであと少しの見込み客です。きちんと後押しできるようなページを作成していきましょう。
はい。ユーザーが欲しい情報は何かを精査して、1枚に盛り込むことが必要なんだね。
そうだね。それに広告の見直しが必要な場合もあるので、分析もしっかりしていこうね。
今回は、「web集客の手法」についてよく分かりました!
よかった!また疑問点があったら一緒に勉強していこう!

まとめ:web集客の手法を紹介!ランディングページの役割と作成方法

web集客の手法には、以下の方法があることが分かりました。

  • ランディングページとは、リスティング広告からの流入や成約への効果を高めるための着地点となるページである
  • 「ユーザーの悩みを解決できる」商材が、ランディングページの活用には向いている
  • ランディングページは、ユーザーの欲しい情報が全て盛り込まれていることが必要
  • クリック率が悪い場合には広告の見直しが必要

以上の点を理解した上で、web制作会社に作成を相談することを検討してみてもいいでしょう。

ぜひ、参考にされてみてください。

参考リンク:

ランディングページって何?分かりやすく徹底解説

Web集客の鉄板手法を公開!―― 実績100社を超えるスペシャリスト2名が徹底解説

ランディングページ集めました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。