【2019・31年実施】小規模事業者持続化補助金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今日は「小規模事業者持続化補助金」について学んでいくよ!
小規模事業者持続化補助金・・・。何だか難しそうだね。小さな会社が事業をうまく軌道に乗せるために受ける補助金、ということかな?
そうだね。スタートアップ企業や、20人以下の小規模な企業が商工会の支援を受けながら販路を開拓していくための国の取り組みなんだよ。
なるほどね。でも、具体的にはどんな取り組みなのかな?補助金を受けられる事業者や、どんなことに補助金が使えるのか教えてください!
はい。では今回は、小規模事業者持続化補助金の概要と、補助金が使える範囲について見ていきたいと思います。では、それぞれ見ていこう!

小規模事業者持続化補助金について:小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者持続化補助金について:小規模事業者持続化補助金の概要

小規模事業者持続化補助金とは、商工会議所管轄地域内の「小規模事業者」が新たな販路開拓のために行う取り組みに使用するために受ける補助金のことです。

上限金額を50万円とし、補助対象経費の2/3までが助成されます。

小規模事業者は、新たな販路開拓のために商工会議所の助言を受けて計画書を作成し、計画に沿った取り組みを行っていきます。

「開業したばかりの事業者が行う、集客・店舗認知度向上のためのオープンイベント等の取組も対象となる」という文言が新たに記載されていることから、開業したばかりの会社でも申請できるようになっています。

小規模事業者持続化補助金について:対象事業者と規模

小規模事業者持続化補助金を申請できる事業者は以下の通りです。

  • 商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)・・・常時使用する従業員の数 5人以下
  • サービス業のうち宿泊業・娯楽業・・・常時使用する従業員の数 20人以下
  • 製造業その他・・・常時使用する従業員の数 20人以下

以上の点を満たしている会社および会社に準ずる営利法人(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合・協業組合)と個人事業主(商工業者であること)が対象になります。

小規模事業者持続化補助金の概要がよく分かったかな?
すでにある小規模事業者だけではなく、開業したばかりの会社でも申請できるんだね。制度をうまく活用することも集客への近道だね。
そうだね。申請のためには、「経営計画書」や「補助事業計画書」を商工会議所の助言を元に作成し、「事業支援計画書」を提出することが必要なんだよ。
そうなんだ。では次は、その書類を作るためにも知っておきたい補助金が使える範囲について教えてください!
そうだね。じゃあ次は、小規模事業者持続化補助金が使える範囲14項目を見ていこう!

小規模事業者持続化補助金について:補助金が使える範囲14項目とは?

一部対象とならないものもありますので、詳細は公募要領で確認してください。

  1. 機械装置等費・・・事業の遂行に必要な機械装置等の購入
  2. 広報費・・・パンフレット・ポスター・チラシ等の作成、および広報媒体等の活用
  3. 展示会等出展費・・・新商品等の展示会等への出展、または商談会の参加のための経費
  4. 旅費・・・単なる視察・セミナー研修等参加以外の各種調査 を行うため、および販路開拓のための旅費
  5. 開発費・・・新商品の試作品や包装パッケージの試作開発
  6. 資料購入費
  7. 雑役務費・・・補助事業期間中に臨時的に雇い入れた者のアルバイト代、派遣労働者の派遣料、交通費
  8. 借料・・・機器・設備等のリース料・レンタル料
  9. 専門家謝金・・・指導・助言を受けるために依頼した専門家等への謝礼
  10. 専門家旅費
  11. 車両購入費・・・買い物弱者対策に取り組む事業で、買い物弱者の居住する地区で移動販売、宅配事業等をするための手段として必要不可欠な車両の購入に必要な経費
  12. 設備処分費・・・販路開拓の取組を行うための作業スペースを拡大する等の目的で、当該事業者自身が所有する死蔵の設備機器等を廃棄・処分する、または借りていた設備機器等を返却する際に修理・原状回復するのに必要な経費
  13. 委託費・・・上記①から⑫に該当しない経費であって、市場調査等についてコンサルタント会社等を活用する等、自ら実行することが困難な業務に限った経費
  14. 外注費・・・上記①から⑬に該当しない経費であって、店舗の改装等、自ら実行することが困難な業務に限った経費
補助金が使える範囲14項目について詳しく分かったかな?全ては新たな販路開拓のために必要な経費が対象だということだよ。
そうだね。小規模事業者持続化補助金を申請するためには、まずは何がどれくらい必要なのかを知って、計画を立てることが必要だね。
そう。制度をうまく活用して、事業を成功に導いていこう!
今回は、「小規模事業者持続化補助金」についてがよく分かりました!
よかった!また疑問点があったら一緒に勉強していこう!

まとめ:小規模事業者持続化補助金について

小規模事業者持続化補助金の概要は、以下の通りであることが分かりました。

  • 小規模事業者持続化補助金とは、商工会議所管轄地域内の「小規模事業者」が新たな販路開拓のために行う取り組みに使用するために受ける補助金である
  • 上限金額を50万円とし、補助対象経費の2/3までが助成される
  • 補助金が使える範囲は14項目該当する

ぜひ、参考にされてみてください。

参考記事:

小規模事業者持続化補助金【2019年・31年実施】

平成 30 年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金 【公募要領】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。