この記事は「ウェブ集客」に興味がある方に役立つ情報が書かれています。

そして・・・

ウェブを使って売上を伸ばす基本が分かります。

今日からウェブ集客への一歩を踏み出しましょう。

※当記事は「WEB集客サポートウェブヤ」が執筆しています。

WEB集客サポートウェブヤ
https://webya.info/

そもそも集客とは?


「集客」といったらあなたは何を思い浮かべるでしょうか?

・街頭でのビラ配り
・テレビCM
・看板
…などたくさんの集客方法があります。

最近ではインターネットの発達やスマートフォンの普及により、
ウェブを使った集客が主になりつつあります。

意外と身近にあるウェブ集客

例えば「飲み会で使えるイイ感じのお店を探したい!」と思ったらあなたは何をしますか?

食べログなどで評価の高いところを探したりしますよね?

実は食べログなどの口コミサイトへの掲載も、お店側で行っているウェブ集客なのです。

ウェブ集客とは?
費用対効果は?

ウェブ集客とは?

ウェブ集客とはその名の通りウェブを使った集客方法です。

これは主にホームページやSNSなどのウェブサービスを使って行います。

SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略称。社会的なネットワークが作れるサービスの総称。

Facebook・インスタグラム・LINEなどがSNSにあたる。

ウェブ集客の特徴

ウェブ集客の大きな特徴としては、2つあります。

【1】自社の商品・サービスに興味がありそうな人や潜在顧客に絞り込んで宣伝できる
⇒広告の無駄打ちが少なく費用対効果が高い

潜在顧客(せんざいこきゃく)
商品や会社、お店のことを既に知っているお客様のこと。

【2】チラシと異なり地域の制限がない
全国から集客できる
インターネット環境さえあればスマホやPCへ広告を配信できます。

費用対効果はどのくらい?

ウェブ集客は、テレビCMやチラシなどを利用するよりも費用対効果が高いと言われています。

なぜかというと・・・

ウェブでの集客はテレビCMやチラシとは違い、
購入してくれそうなお客様に対象を絞って宣伝できるからです。

どんな商売・ビジネスに向いている?


ずばり以下の3つです。

・比較検討したいサービスや商品
・通販やオンラインサービス
・水漏れ修理など緊急性の高いサービス

向いている商売・ビジネス

例えば、飲食店/美容院/病院/通販・・・と多数あります。

たとえ少額でもお金を払って失敗したくないサービスや商品の購入に関しては、事前に調べますよね?

比較・検討をするには情報が必要になります。そこで自然とウェブから情報を得ようとするわけです。

情報を得ようとするお客様に対し、「こういった商品・サービスがありますよ!」と

宣伝できるわけですから、
ウェブ集客での効果が高いことは、イメージがつきやすいかと思います。

例)
【1】新宿駅付近にとんこつ系のラーメン屋ないかな?

 ↓

【2】「新宿駅 ラーメン とんこつ おすすめ」でインターネット検索

 ↓

【3】検索結果に出てくるラーメン屋のホームページや口コミサイトを訪問

 ↓

【4】他店と比較して、良いと思ったら来店

向いていない商売・ビジネス

例えば、スーパーや百貨店などです。簡単に手に入る食料品や日用品はそこまで比較・検討まではしませんよね?

値段で比較してもせめて数円~十円単位ですし、

国内であれば品質にばらつきは少ないので、ウェブで情報収集する前に買いに行った方が早いです。

ただし、特色のあるスーパーであればウェブ集客をしても面白いかも知れません。

SNS映えするようなものがあればインスタグラムなどでアピールしてもよいですし、

タイムセールでお得に買い物が出来るのであれば、LINE@を使ってお知らせするなどウェブ集客の手法は多くあります。

5つのウェブ集客方法


ウェブ集客にはさまざまな手法があります。

そこで代表的な5つの手法をご紹介していきます。また、近日中に別ページにて詳しく解説する予定です。

1:インターネット検索から集客(自然検索・SEO)

インターネットを検索した際、検索結果よりホームページへ訪問してもらうことです。

2:ウェブ広告から集客

グーグルなどで検索すると、検索結果の上部に広告が表示されることはありませんか?

あるいはFacebookやインスタグラム上に広告が表示されることがあると思います。

そのような広告をクリックしてホームページを訪問してもらうことです。

ウェブ広告
グーグル・ヤフー・SNS上に表示される広告のこと。主にディスプレイ広告やリスティング広告が該当する。

3:SNSから集客

SNSの投稿やメッセージ内のURLからホームページに訪問してもらうことです。

インスタグラムの場合は、プロフィールにしかURLを載せられません。

4:別のホームページから集客

インターネットで調べものをしていると、閲覧しているホームページが全く別のホームページの紹介していることがあると思います。

紹介文とともにURLが貼ってあると、そこから訪問してくる可能性もあります。

100人が集まるホームページを作ることも大事ですが、10,000人が集まるホームページに紹介してもらうことで、訪問数が増えることはご理解頂けると思います。

URL
ユー・アール・エルと読みます。名刺やチラシに書かれている下記のような英数字がURLです。

<グーグルのURL>
https://google.com/

5:QRコードやURLを直接入力してもらい集客

URLを入力するのは大変ですが、QRコードであればスマホで読み取って頂くだけで簡単に訪問してもらえます。

URLさえ決まっていればQRコードは簡単に作れますので、印刷してお店に置いておくと良いですよ!

QRコード
キュー・アール・コードと読みます。商品パッケージの裏についているバーコードのような役割です。

URLをQRコードにすることもできます。スマートフォンで読み取ることで、ホームページへ訪問してもらえます。

さいごに

最後まで読んで頂きありがとうございました!

今回は私たちウェブヤが、ウェブ集客サポートを行ってきた経験をもとに「ウェブ集客の基本」について執筆させて頂きました。

初心者の方に伝えるにはどうしたら良いだろう?と試行錯誤のうえ、専門用語をなるべく使わないかつシンプルに執筆したつもりです。

この記事を読んで頂いたみなさんのお役に少しでも立てれば、これ以上嬉しいことはありません。

シェアして頂けると今後の励みになります!

簡単10秒!ネット集客診断

「ネット集客のやり方がわからない」という方おすすめ!

ネット集客に「なにが必要か」診断できます!

ネット集客10秒診断

※当記事は「web集客サポートウェブヤ」が執筆しています。

WEB集客サポートウェブヤ
https://webya.info/